忘年会の幹事で気を付けたいこと

会社の忘年会は、一年の労をねぎらうとともに新年のさらなる奮起を促す大切な飲み会です。
社会人になって数年たつと、皆さんも忘年会の幹事を任されるという場面が出てくるかもしれません。
幹事になってからどうしたらよいのかわからなくて焦るよりも、
今のうちから段取りや注意点について学んでおきましょう。
忘年会は上司や先輩など様々な世代の人たちが参加します。
特定の世代だけに人気のお店を選んでしまうと、
それ以外の人たちは取り残されたような気持ちで忘年会を過ごさなくてはいけません。
このような事態を回避するためにも、
忘年会ではなるべく和風で落ち着いた雰囲気の居酒屋やレストランを会場にしましょう。
和風な雰囲気のお店を嫌がる人は少ないですし、何より年配の方に人気です。
五反田の居酒屋は個室が和風モダンな感じで落ち着くのでおすすめです。

 

お店の立地に関しても、なるべく会社や参加者の住所に近い場所を選んだ方が良いでしょう。
忘年会は通常、以下のような流れで進んでいきます。
最初に幹事の自己紹介と挨拶があり、次に上司に乾杯の挨拶を賜ります。
そこから歓談をして数時間過ごした後、最後にもう一度先輩や上司に締めの挨拶をしてもらいましょう。
歓談中には宴会芸や余興などを組み込むことがあります。
会社ごとに余興をどうするのか違ってきますから、そこの段取りは先輩に聞いて調節しましょう。
上司や先輩から挨拶を賜る際には、飲み会が始まる前にお願いしておくのがマナーです。
飲み会の会場や費用、参加者が確定したら、
上司や先輩に連絡を取り開会や閉会の挨拶をしていただきたい旨を伝えましょう
素敵な忘年会で会社の人たちと楽しく過ごしてください。