嫌なお客にならないためのマナー

居酒屋では、不特定多数の人々がお酒や料理を楽しんでいます。

 

個室や貸切などを利用しない限り、
1つのフロアで多くのお客が同時に飲食をしていることでしょう。

 

そんなときに気を付けたいのが、店員や周囲に対するマナーです。

 

自分がマナー違反をしてしまったばっかりに、
周囲のお客を不快な気持ちにさせたくないですよね。

 

また、あまりにも店員に失礼な態度をとっていると
お店から出入り禁止を命じられることもあります。

 

今回は、そのような事態を回避するために
居酒屋で気を付けたいマナーについて見ていきましょう。

 

お店で働いている人のことを考えて、注文の方法を工夫しましょう。
入店した後の最初の注文は、
とりあえず目についたお酒で飲みやすいもの、
例えばビールなどを注文するだけに留めておきます。

 

その後、運ばれてきたお酒を飲みながら、
ゆっくりと食べたいものを選択しましょう。

 

こうすることで、注文が決まっていないにも関わらず
店員が聞きに来るという手間を省くことが出来ます。

 

つい飲み過ぎてしまったときは、急いでトイレに行きましょう。
トイレ以外の場所で吐いてしまうと、お店にとって大迷惑になります。
入店してしばらくしたらトイレの場所を確認し、
緊急事態に備えておくこともマナーの1つです。

 

食べるつもりも無いのに、無駄に料理やお酒を注文するのは止めてください。
お試し感覚で注文したとしても、何とか食べきるのが最低限のマナーです。

 

食べきれなかった食品を持ち帰りたいときは、
必ずお店側に一声かけましょう。
お店によっては禁止されることもありますし、
お店によってはテイクアウト用の容器を用意してくれるかもしれません。
勝手に持って帰られると、不審な行為をしているように見えるため
店員に余計な気を遣わせてしまいます。

 

以上のようなマナーを守り、居酒屋で楽しく飲食しましょう。
先日いった立川 居酒屋もなかなか良かったです。